NEWS

ニュース

国内初、イーサリアムのブロックチェーン上で遊べるアプリ いじって可愛いふしぎ生物「くりぷトン」のご紹介

株式会社グッドラックスリー(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:井上和久、以下「グッドラックスリー」)は、イーサリアムのブロックチェーン上で遊べる、国内初のスマートフォン向け新作ゲームアプリ『くりぷ豚(トン)(Crypt-Oink)』(以下、本作)のリリースを準備していることをお知らせいたします。

弊社におきましては、ブロックチェーン技術、ならびにそれらを用いた仮想(暗号)通貨の将来性に着目し、今春リリースを目標としたゲームアプリの開発を行っております。

『くりぷ豚(トン)』とは?

『くりぷ豚(トン)』(以下、くりぷトン)はスマホ上に生息する、ふしぎな生き物。オス・メスの区別はなく、色や形など、その姿はさまざま。ゲーム内に登場する「くりぷトン」の種類は、およそ3京6,000兆通りにのぼります。

プレイヤーはそれら無数に存在する「くりぷトン」の中から、お気に入りの「豚」を手に入れ、「オーナー」となることができます。

手に入れた「くりぷトン」たちは、「お見合い」機能を通じ、配合することが可能です。

自身の持つ「くりぷトン」同士を「お見合い」させることで、新種の「くりぷトン」を手に入れることができます。

さらに、「お見合い」は他のユーザーの持つ「くりぷトン」とも可能です。

どんな種類が生まれて来るかは「お見合い」してみてからのお楽しみ。意外な組み合わせや、思いもよらないタイミングで、未知なる「くりぷトン」との出会いがあるかもしれません。

そして、本ゲーム最大の特徴は「取引所」と呼ばれる機能です。「取引所」では、世界中のユーザーが出品した「くりぷトン」が所狭しと並びます。

プレイヤーは仮想(暗号)通貨イーサリアムを用いて、それら「くりぷトン」を相互にトレードすることが可能です。

※イーサリアムとは?

仮想(暗号)通貨の一種。取引で行われる契約の内容を自動的に実行・保存可能な「スマートコントラクト」機能を持つ。

『くりぷ豚(トン)』のゲーム紹介動画を公開中

『くりぷ豚(トン)(Crypt-Oink)』 サービス概要
・タイトル: くりぷ豚(トン)(Crypt-Oink)
・ジャンル:ふしぎ生物シミュレーション
・対応OS: iOS/Android
・配信予定日: 今春配信予定

ソーシャルプラットフォーム『LuckyMe』のご紹介

グッドラックスリーでは、今回ご紹介した『くりぷ豚(トン)(Crypt-Oink)』の他に、ブロックチェーン関連事業としてソーシャルプラットフォーム『LuckyMe』(https://tokensale.luckyme.org/)の開発も推進しております。

LuckyMeはブロックチェーン技術を活用し、独自のトークンである『LUCKCOIN』により、広告収益のみに頼らない、あたらしい形のエコシステムの成立をエンパワー(支援)するシステムです。
独自の分配・評価ロジックにより、様々なメディアでLUCKCOINが流通することを想定しており、
将来的には『LuckyMe』を『くりぷ豚(トン)(Crypt-Oink)』に対応させることも検討しています。

<LuckyMe公式サイト>
https://tokensale.luckyme.org/