NEWS

ニュース

第3回株式投資型クラウドファンディングに向けて事業内容および代表のメッセージ動画を公開

株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2021年3月13日(土)より募集による投資申込みの受付開始に先立ち、事業内容および代表のメッセージ動画を2021年3月8日(月)に公開したことをお知らせします。

直近の事業内容を説明する動画を公開しました。ブロックチェーン×エンターテインメントとは何なのか。そして、今後どうアプローチしようとしているのかをお話ししています。あわせて投資家の方々に向けた弊社代表のメッセージ動画を公開しました。また、プロジェクトページのご質問BOXにて事前の質問に対する回答を公開しております。(投資家登録済みの方限定で閲覧可能。)

事業内容の説明動画
https://www.youtube.com/watch?v=hPXyY3uZuoE

弊社代表のメッセージ動画
https://www.youtube.com/watch?v=wGqpS_wCth4

【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/207

当社プロジェクトとクラウドファンディング実施目的について
株式会社グッドラックスリーは、ゲーム関連事業に加え、ブロックチェーンを活用したプロダクト、映像制作やプロダクション運営などを行ってきました。特に近年は「遊びを経済活動に」という目標のもとブロックチェーンゲーム(Dappsゲーム)を開発してきました。しかし、これらのゲームを市場に投入した際にユーザー層が「暗号資産に理解のある人」に限られてしまい、多くの人に訴求できないという状況が把握できました。

そこで原点に戻り、ゲームでヒットタイトルを生み出すことで、弊社のゲームファンを獲得し、ブロックチェーンゲームのユースケースを生み出す戦略に方向転換しました。そのためにまずは「ハイパーカジュアルゲーム」と呼ばれるスマホゲームの開発に注力しています。

今後、グローバルレベルのヒットタイトルを作り、そのヒットタイトル群を用いて、エンタメ×ブロックチェーンプラットフォームを構築するため、2021年3月5日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたします。弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2021年3月 13日~2021年3月15日、上限とする募集額は 69,993,000円(1口 249,975円、1人2口まで)です。

グッドラックスリーの強みは、様々なエンターテインメントコンテンツを自社で制作できる点です。プラットフォーム開発においても、自社開発を行える体制があります。これらの強みにより、弊社は事業展開において「ブロックチェーン技術開発」と「ゲーム開発」が行えることから、コンテンツメーカー、プラットフォーマー、用途開発等のいずれのポジションでも役割を狙えます。各業界で実際に開発運営してきた経験を活かし、今後の市場観を見据えながら、有力企業とのパートナーシップと共に、コンテンツの共同開発や非ゲーム領域のプレイヤーをも巻き込んで事業を拡大してまいります。